池江璃花子の母親はカルト宗教で白血病を治した?手かざし療法とは?

スポンサーリンク

競泳の池江璃花子選手が急性リンパ性白血病からの回復を果たし、
東京五輪の代表に内定しました。
退院から1年半も経たずに、トップレベルのスイマーに戻りました。
医療関係者からは、脅威の回復力と驚きの声が。

池江璃花子さんの母親は、どんな風に娘を支えたのでしょうか。
噂のカルト宗教と関係はあるのか?
手かざし療法とは、どんなものなのか調べてみました。

スポンサーリンク
目次

池江璃花子(いけえりかこ)の白血病はなぜ治った?

競泳の池江選手は2019年2月に体調を崩し、医師に急性リンパ性白血病と診断され
約10カ月入院し、2019年の12月に退院しました。

急性リンパ性白血病は、白血球が非常に若い段階でがん化してしまう血液のがんで、
薬で筋力が落ちたり、長い入院で全身の体力が低下したりするらしく
退院後、体力の衰えで日常生活を送るだけでも大変だそうです。

しかし、池江選手は医師も驚く脅威の回復力でパリ五輪の切符を手にしました。

なぜ、こんな事が可能だったのでしょうか。

スポンサーリンク

池江璃花子の母親はカルト宗教で娘の癌を治した?

引用元:https://yoshiki527.com/rikako-ikee-mother-divorce/

池江璃花子さんの母親の池江美由紀さんは、
幼児教室「EQWEL(イクウェル)チャイルドアカデミー」
の代表を努めています。

七田式という教育法を元にもとに
知識ではなく、子供に愛情を伝え、
無限の可能性を引き出す「認めてほめて愛して育てる」教育を行っています。

七田式は国境、人種、宗教の壁を越えて認められる未来へと
力を注いでいるようです。

七田式の思想を持つ母の美由紀さんは、
娘の璃花子さんが白血病を発症した際
医学療法だけでなく、藁をもつかむ思いで、
手かざし療法」という施術を璃花子さんに試しました。

胃がんのため胃の全摘手術を受けた王貞治さんに
「手かざし療法」を施したというなべおさみさんに
同じ手かざし療法を数回施術してもらっていると言われています。

そのおかげなのか、池江選手は激的に回復されています。

「手かざし療法」という不思議な治療法なので
そのため、宗教との関係性を疑われたようです。

スポンサーリンク

なべおさみの手かざし療法とは?

「手かざし療法」とは、どういうものなのでしょうか。

手のひらや指先を患部などに当てたりかざしたりして、体の不調を治すという療法。触手療法や手のひら療法などといわれることもあります。難病などを癒す目的のほか、宗教的行為として行われることがあります。

https://www.news-postseven.com/archives/20190905_1446087.html/2

そうすると、相手の「病の気」が施術した人の体に移ると言われています。
相手の病気を、施術者が「引き継ぐ」という形になるそうです。

スポンサーリンク

まとめ|池江璃花子の母親は宗教で癌を治した?手かざしのオカルト療法とは?

手かざし療法が効いたのもあると思いますが
治療中から治療後、退院後の池江選手の努力と、
それを支えた家族や医療者、関係者の手厚いサポートもあったから
激的に回復したのではないでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次